うさうさの翼

一期一会を大切に。”わくわく”を感じることをさがしていこう!

”笑顔”

うさが読んでいる朝日新聞2019年2月9・11・16日の1面に 「がんとともに 子どもたち」という記事の連載があった。 この記事の連載の題名には、9日「家族の頑張り 笑顔の勲章」、 11日「通学路 大切な10分」、16日「私も患者だったからこそ」とあった。 それぞ…

”ちいさなこえ”

2019年2月6日朝日新聞朝刊1面のトップの見出しが、 ”「暴力は嘘」娘に書かせる”と衝撃的だった。 翌日の中日新聞夕刊の1面のトップの見出しが、 ”児童虐待疑い 8万人超”とあった。 統計不正が日常の国では、おそらくこの8万人超という数字も信頼性がなく、 …

儚いいのち 

うさが暮らしている日本では毎日、”統計不正”が報道され始めている。 2019年2月2日朝日新聞朝刊1面には、”総務省の統計でも不正”という見出しがあった。うさが思うにすべての統計が不正だろう。海外の投資家もこんな信用ないの数値で判断して投資をしている…

”ごめんなさい”

うさが朝起きて読む新聞の一面に信じられない見出しが続いる。2019年1月11日金曜日、『保険過少支給 延べ2000万人』『データ補正し 組織的隠蔽か』。2019年1月12日土曜日、『統計不正 過少給付567億円』。公表する公的なデータは、さまざまなひとの生活に直…

2019 1月9日朝日新聞朝刊社会面P28.『「沖縄」を考える」』という連載記事から。 今回のこの連載の記事の題名は、”「袋だたき」恐れず、言う」”と題名が付けられていた。 日本では著名人など大きな声を出すことができる人たちは、”「袋だたき」”に遭うのが怖…

前進

うさが心配している事件に、 少しずつ動きがでできた。 解説の見出しが すべて物語る。 2018 12月21日朝日新聞15面をチャプチャー。 『もっと早く対応していれば』 しかし、このように、大きな声が すこしでも小さな声のひとりひとりの 目に触れるようになり…

商品名:『 』??

うさが心配している、 この事件について、ついに動きがあった。 usausa555.hatenablog.com 夕飯を食べながらなにげにテレビをみていたら、 夕方6時30分ぐらいのNHK番組内でこの事件に関するニュースがちらっと読まれた。 www3.nhk.or.jp うさがいるのは、愛…

こどもの命を守る。

うさは、恐ろしいニュースに出会った。 学校という密室。 何も知らな女子生徒は、さからうことがゆるされない監督といっしょに 見知らぬ病院へ、 そしてビタミン剤と騙され注射を… 推理小説並みの恐怖が、いまも無知の生徒のいのちを危険の晒している。 head…

バイオハザード

バイオハザートとは、 Wikipdiaより、 『バイオハザード(英: biohazard, biological hazard、生物学的危害[2])とは、有害な生物による危険性をいう。「生物災害」と訳して危険性による災害そのものをいうこともある…』 まさか、うさの身にこのような危険が…

『ドナドナ』

ドナドナ ”ある晴れた 昼さがり いちばへ 続く道〜♫” うさは小さい頃、この悲しいそうな曲を聞いたことがある。 そして、いまでもぼんやりこの曲を覚えている。 ”子牛さん可哀想と”そのころ感じていた。 そして現在、 まさか、この子牛が今現在のうさ自身だ…

水は、人間とってとても大切な、命に直接関わるもの。 それなのに、民営化の名の下に簡単に、それも主権者たる国民に分からぬように悪法をつくりだしていた。 グーグルで、『水道民営化』このワンフーレーズの検索でのトップ記事が 以下の記事 www.mag2.com …